Cooking Lesson

肉料理

お肉は火を通してしまうとすぐ固くなってしまいます。また、手羽などに多く含まれるコラーゲンは、暖められるとすぐに溶けてしまう性質があります。でも、ひとてまかけると大分違ってくるのです。コラーゲンの性質を上手く利用した肉料理は主にお酒を使ってお肉を柔らかくします。また、肉料理はこってりしがちなので、梅干しなどさっぱりしたものを取り入れると夏場でもおいしくたべれます。
個人的にオススメなレシピはハヤシライスソースとお肉の相性です。ワインやトマトで煮込んだソースは上記の役割を果たしてくれます。
こちらでは肉料理のコツ・そしてコラーゲンについてのお話をご紹介していきましょう。

肉料理はコラーゲンを利用した美容・健康レシピに最適

ここで、お肉料理には欠かせない、コラーゲンのお話をしてみます。

コラーゲンは、今や美容や健康などに欠かせない要素となっています。
健康番組などでもたびたび取り上げられ、その存在は多くの人々に知られているところです。
そのコラーゲンを摂取するのに一番良いとされるのは、このページで取り上げる肉料理なのです。
新陳代謝を助け、関節痛や、美容にも高い効果があるとされているコラーゲンを多く含んでいる肉料理を、
是非、オススメしたいと思っています。どうしても料理する時間が足りないなら、
ケータリングで各種料理を頼むのも良い方法です。
それでは、コラーゲンを多く含んでいる肉料理の作るポイントについて、これから書いていきましょう。

肉は料理によって選ぶ

ステーキや、焼き肉のようなにくそのもののうまさを味わうような料理には、リブロース、ヒレ、サーロインなどの上質で柔らかいところを選びます。

コラーゲンを多く含んだ肉料理の食材

コラーゲンを多く含んでいる食材などを選ぶのもよいかもしれません。
その方が健康には良いのでしょうから・・。
コラーゲンを多く含んでいる肉の材料としては、手羽先であったり、鶏の皮などがあります。
また、他のコラーゲンを多く含んだ食材と共に、コラーゲン鍋などとするのも一つの提案です。
あったかいコラーゲン鍋を囲んで、お腹いっぱいになりつつ、健康増進や美容にも繋がっていく。
そういった形の肉料理も良いのではないでしょうか?

塩、コショウのタイミング

ロースなどの油の多い部分は、焼くときの5分程前、ヒレなどの赤身は焼く直前がオススメです。塩コショウを強く効かせたい場合には、事前にしておく方がいいですが、赤身肉にあまり早く塩、コショウをしてしまうと、旨味や肉汁が風味と一緒に逃げてしまいます。

水分が出てしまうほどお肉が固くなってしまうので、出来るだけ肉汁を出さないで料理をするのがコツとなります。
※ローストビーフなどの場合は、塩、コショウだけでは落ちてしまうため、手ですりこむようにしましょう。

肉を焼く

<フライパンで肉を焼く場合>

フライパンで肉を焼く場合は、最初にフライパンを十分に熱してから油やバターなどを溶かしておくことがポイントとなります。特にステーキなどでは焼き方が3種類あるので、すばやく火を通す必要があります。

また、肉には油分が多く含まれているので、焼いている途中で余分な油分をキッチンペーパーなどで拭き取った方がいいでしょう。

<オーブングリルで肉を焼く場合>

オーブンでお肉を焼く場合は、肉の全面に熱が伝わるので、全体的な焼きを入れたいときに利用することが出来ます。ここでも最初にオーブンを熱しておくことがポイントとなります。肉料理では肉汁を逃がさないためにすばやい火通しが重要となります。

また、フライパンなどとは違って、焼き加減が直に確認しにくいことがデメリットとも言えるでしょう。時々オーブンののぞき窓から藻焼き加減を確認したほうがいいでしょう。

こうして、焼いたことによる熱で、コラーゲンは分解されていきます。
上手にコラーゲンを摂取できるような調理法を心がけましょう。

肉をやわらかくする方法

<肉を軽く叩く>

硬い肉は繊維質を切って、やわらかくしてから料理をすることがコツです。そのためには肉をたたきで軽くたたいてやわらかくします。叩きすぎてしまうと逆効果となってしまうので、包丁で繊維と直角に浅く切り込みを入れておくのも一つの方法です。

<肉を酒につける>

お肉をやわらかくする方法として、酒やワイン、ビールなどに漬けておくと、やわらかくなります。飲み残したビールで肉を煮るとやわらかくなり、肉の味を引き締める効果があります。焼いている最中にビールを少しふりかけても、ふんわりとやわらかくなります。

豚肉などはショウガ汁に漬けておくとやわらかくなります。ショウガの香りは豚肉と良く合い匂いも消してくれます。

<フルーツを利用する>

パイナップルやパパイヤはタンパク質を分解する酵素が含まれているため、バナナやパパイヤで肉をはさんでおくのもオススメです。風味良く、やわらかく焼き上がります。
シチューやカレー肉は3〜4時間フルーツビネガーにつけ込んでから煮込むと柔らかく出来上がります。

また、コラーゲンを上手に分解・摂取するために、ビタミンCを多く含んだフルーツ(レモンなど)を、一緒にして食べるのも良いでしょう。

Valuable information

Google
https://www.google.co.jp/
学資保険全体のランキング
http://roam2rome.com/

Last update:2015/2/3